BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
https://backside.jp/news-664/
15377
MiyabiOnitsuka

NEWS

鬼塚雅が伝統の一戦 BURTON US OPENスロープスタイルで2年連続3位の快挙

2020.02.29

  • facebook
  • twitter
  • google

鬼塚雅が本当に強い。
米コロラド州ベイルマウンテンリゾートで開催されている伝統の一戦、39回目を数えるBURTON US OPENの女子スロープスタイルで貫禄の滑りを披露し、見事3位と表彰台を射止めた。昨年大会で日本人女子として史上初の同大会同種目での表彰台を獲得したわけだが、そうした快挙を2年連続で成し遂げたわけだ。
セミファイナルを勝ち抜いた6名がひとり3本のランを行い、それらのベストポイントで順位を決する。セミファイナルの記事でもお伝えしたように、ストレートジャンプではなく攻略が難しいトランジションが連続するコースが舞台。これまでのスロープスタイルコースよりも総合滑走力が問われる難コースで、鬼塚は1本目から魅せてくれた。
FSボードスライド270オフ→FS50-50・トゥ・ボードスライド270オフ→BSアーリーウープ720ミュート→FSアーリーウープ720メロン→FS180・トゥ・スイッチBS360インディオフ→CAB900ステイルフィッシュを決めて76.6ポイントを叩き出した。2、3本目はラストジャンプでCAB1080にトライするも着地に嫌われてしまったが、1本目のスコアが採用されて3位を死守した。

「去年はうれしいしかなかったんですけど、今年は悔しい気持ちのほうがちょっと強いです。事前にコースのレイアウトが発表されていたので、スポンサーである星野リゾートが運営している福島の猫魔にまったく同じトランジションを造ってもらいました。2日間モービルアップで、しかも(戸塚)優斗にコーチしてもらって練習してきた成果が出せてよかったですね。また、オフシーズンも毎日のように練習して筋トレのメニューも増やしたので、そのおかげで滑りが安定してきたのかもしれません。数年前まではジェイミー(アンダーソン)は雲の上の存在に感じていて、国内ではライバルがいない状態だったけど、(岩渕)麗楽ちゃんと(村瀬)心椛が出てきたことでものすごくプッシュされるようになったからこそ、今の自分があると思っています。彼女たちが私のレベルを上げてくれたっていうか。ジェイミーの滑りはもちろんすごいし、私にはない部分を持っていると思うけど、ジェイミーが持っていない部分を私が持っているとも感じています。自分の長所を伸ばしながら、ジェイミーの強みを取り入れることができれば勝てると思います」
大会直後に鬼塚は、このように力強く語ってくれた。
そのジェイミー・アンダーソン(アメリカ)は昨シーズン、バックカントリーでの撮影に注力していたため競技のための練習時間は激減したはずだが、反対にそうした滑りがこの難コースを攻略するためのスキルを高めたのかもしれない。圧倒的な滑りで優勝を飾った。

2位はフロントサイドのトランジションでダブルクリップラーを決めるなど、攻撃的なライディングを魅せてくれたアンナ・ガッサー(オーストリア)が。

セミファイナルを1位通過していたゾーイ・サドウスキー・シノット(ニュージーランド)は、ラストヒットでのFSダブルコーク1080に最後までこだわっていた。このトリックを決めずに勝っても意味がない。そんな強い意志を感じた。しかし、3本とも着地を合わせることができず万事休す。
こうした難コースで、かつハイレベルな大会での3位は昨年大会のそれ以上に価値があるのではないだろうか。X GAMESビッグエアを制した実力は本物だ。そのうえで総合滑走力が問われる今大会での3位は、ビッグエア強国である日本にとっても大きな意味があると言えるだろう。
鬼塚が日本の女子ビッグエア、そしてスロープスタイルシーンを再び牽引していく。
 
女子スロープスタイル・ファイナル結果
1位 ジェイミー・アンダーソン(アメリカ)
2位 アンナ・ガッサー(オーストリア)
3位 鬼塚 雅(日本)
4位 エンニ・ルカヤルビ(フィンランド)
5位 ヘイリー・ラングランド(アメリカ)
6位 ゾーイ・サドウスキー・シノット(ニュージーランド)

RELATED POSTS

LOAD POSTS