BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
https://backside.jp/news-659/
15289
MiyabiOnitsuka_portrait

NEWS

BURTON US OPENスロープスタイルは難コースを見事攻略した鬼塚雅が決勝へ

2020.02.27

  • facebook
  • twitter
  • google

米コロラド州ベイルマウンテンリゾートで行われているBURTON US OPENは3日目を迎え、男女スロープスタイル・セミファイナルの火蓋が切られた。まずは女子の速報からお届けしたい。
特筆すべきは、これまでのスロープスタイルとは一線を画するコースレイアウトだ。ジャンプセクションは例年どおり3つ用意されているのだが、そのうち2つはトランジションという難コース。フロントサイドとバックサイドそれぞれのアイテムが用意されている。巻き込むようにしてクォーターパイプ状のRを利用してテイクオフし、谷側の進行方向へ向けて設定されたランディングめがけてエアを繰り出すアクションが求められるため、より総合滑走力が問われることになるのだ。ストレートジャンプを得意とする日本勢にとっては、ジブとトランジションをいかに攻略するかがカギを握っていた。
ひとり2本のランを行いベストポイントが採用され、上位6名がファイナル進出となる。日本からは3名が参戦していたのだが、今シーズン絶好調の鬼塚雅が6位でセミファイナル通過を果たした。2本目のランで、ジブセクションでは50-50からのFSボードスライド270オフなどを決めると、連続したトランジションでBS360ミュート→FS720メロン、十八番のストレートジャンプではCAB900メロンをクリーンにメイクして65.75ポイントを獲得した。
 

MiyabiOnitsuka

安定感ある滑りでジブセクションを攻略した鬼塚雅

 
村瀬心椛は2本目のランで逆転を狙い、トランジションでのBS540インディでシフトを入れるなどスタイリッシュなライディングを披露。しかし、ラストヒットのストレートジャンプでFSアンダーフリップ900インディの飛距離が足りずにナックル落ちしてしまい激しく転倒。岩渕麗楽も同様に2本目での逆転を狙ったが、ジブでのプレッツェルオフの着地に嫌われてしまい万事休す。両名ともにセミファイナルで涙を呑んだ。
トップ通過は、昨年大会の覇者であるゾーイ・サドウスキー・シノット(ニュージーランド)。フィーチャー3と4のトランジションでBS540ステイルフィッシュ→スイッチBS540ステイルフィッシュをバック・トゥ・バックで決め、キャノンボックスではバックフリップオフを繰り出すなど、圧倒的なライディングで75.15ポイントをマーク。
 

ZoiSadowskiSynnott

ラストヒットではスタイリッシュなFS720ミュートを決めて会場を沸かせたゾーイ・サドウスキー・シノット

 

CABアンダーフリップ900インディを決めるなど、71.35ポイントを記録したアンナ・ガッサー(オーストリア)、切れ味抜群のジブトリックを武器に69.55ポイントを獲得したヘイリー・ラングランド(アメリカ)を従えての結果となった。

ファイナルは現地時間の28日(金)に行われる。日本時間では29日(土)深夜3時から女子ファイナルが始まる予定だ。
 
女子スロープスタイル・セミファイナル結果
1位 ゾーイ・サドウスキー・シノット(ニュージーランド)
2位 アンナ・ガッサー(オーストリア)
3位 ヘイリー・ラングランド(アメリカ)
4位 エンニ・ルカヤルビ(フィンランド)
5位 ジェイミー・アンダーソン(アメリカ)
6位 鬼塚 雅(日本)
8位 村瀬心椛(日本)
11位 岩渕麗楽(日本)
全結果はこちら

photos: BURTON

RELATED POSTS

LOAD POSTS