BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
https://backside.jp/movie-1212/
15009
KeisukeShimakata

MOVIE

型にハマらない創造力で滑りの可能性を押し広げる島方啓輔フルパート動画

2020.02.01

  • facebook
  • twitter
  • google

先日行われた日本最強ジバー決定戦「BURTON QUALIFIERS」(記事はこちら)にて、ワンフットで全アイテムを流しながら強烈に個性をアピールしていたライダーがいた。弊サイトでも毎年取り上げている群馬が生んだミスタークリエイティブ・島方啓輔だ。2016-17、2017-18シーズンに引き続き、昨シーズンのフルパート動画が編集部に届けられたのでお伝えしたい。
練習環境と勤勉な国民気質が相まってか、技術的に上手い日本人スノーボーダーはキッズも含め多数いる。特にジャンプで高難度なスピントリックを操るライダーは数知れずいるが、創造力を働かせて唯一無二のライディングで勝負する……わかりやすく言えばスコット・スティーブンスのようなライダーは日本にはそういない。上手さ以上にクリエイティビティが求められるわけだが、島方のそのようなライディングが4分あまりに渡り本ムービーに凝縮されている。
先日のX GAMESで行われたナックルハック(記事はこちら)がいい例かもしれない。いかに奇想天外なアイデアでオーディエンスを楽しませるか。こうしたジャンルの滑りは日本人にとって苦手な分野なのかもしれない。しかし、先述したBURTON QUALIFIERSで入賞は逃したものの、ジャッジも含めた関係者やオーディエンスを沸かせる滑りを島方は魅せていた。記録よりも記憶に残る、そんなライダーと言えるだろう。彼の創造性あふれる滑りを楽しんでほしい。

RELATED POSTS

LOAD POSTS