BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
https://backside.jp/news-816/
19113
NaturalSelectionTour

NEWS

地球最強スノーボーダー決定戦「NATURAL SELECTION」開幕。予選から面白すぎる

2021.02.05

  • facebook
  • twitter
  • google

世界中のスノーボーダーが注目しているバックカントリーフリースタイル大会「THE NATURAL SELECTION TOUR」がついに開幕。米ワイオミング州ジャクソンホールにてツアー戦の初戦が行われている。
降雪状況などコンディションによりスケジュールに変動が出るため、7日間が用意されている本大会。初日は予選となる1回戦が行われ、男子16名、女子8名がトーナメント方式で激突。各ランを難易度、エアの大きさ、多様性、完成度などの観点からジャッジングし、2本先取したライダーが勝者となる。男子8名、女子4名が2回戦へと駒を進めるフォーマットだ。
2012年のSUPERNATURAL、2013年のULTRA NATURALをご存じの方は即座に理解できるだろうが、本大会は雪が降り積もった手つかずのバックカントリーエリアで争われる。オーガナイザー兼出場ライダーであるトラビス・ライスのお膝元、自然地形の宝庫であるジャクソンホールの中でも1、2を争う地形に富んだ険しい斜面が舞台。まさしくバックカントリーフリースタイル王者を決めるにふさわしい一戦となる。
さらに、その舞台を滑る役者の顔ぶれが超豪華。競技の世界で頂点を極めたコンペティターから、常軌を逸したライディングを武器に映像の世界に生きるムービースターが一堂に会して競われる、言うなれば地球最強スノーボーダー決定戦だ。
エアの飛距離を想定して造成され、安全を考慮して整備されているスロープスタイルとは完全に別物。パウダースノーでボードコントロールする難しさは弊サイトの読者諸兄姉であれば理解できるだろうが、世界トップクラスの招待ライダーたちでさえも、スピードコントロールが難しく飛びすぎたり、ツリーに激突したり、逆にエアがショートして届かなかったりと、その難しさや奥深さに一般的なフリースタイル競技以上の興奮を覚える。回転数の多さや回転軸の複雑さなどトリックの難易度ばかりがフォーカスされるのではなく、自然と対峙し己の限界を突き詰めるトップライダーたちの姿からフリースタイルスノーボーディングの原点であり醍醐味が十二分に表現されている。だから面白いのだ。
さて、4時間超のアーカイブ映像なので長丁場になるが、ステイホームのおともにぜひご覧いただきたい。以下のYouTube動画でご視聴いただいても構わないが、Red Bull TVでは各ヒートごとに頭出し機能が付いているので便利だ。
さあ、世紀の一戦は始まったばかり。まずは予選の模様をお見逃しなく。

予選(1回戦)結果
MENS
 

MensResults

 
WOMENS
 

WomensResults

 

RELATED POSTS

LOAD POSTS