BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
https://backside.jp/news-622/
14776
LaaxOpenHalfpipe

NEWS

スイスの聖地で行われたハーフパイプ頂上決戦 LAAX OPENで戸塚優斗が2位

2020.01.19

  • facebook
  • twitter
  • google

女子スロープスタイルで2位に輝いた岩渕麗楽に続いて、同い年にあたる日本人の高校生ライダーがハーフパイプ種目の表彰台に上がった。
スイス・ラークスで行われていたLAAX OPENハーフパイプ決勝が幕を下ろし、男子で戸塚優斗が2位となり表彰台を獲得。今季は米コロラド州カッパーマウンテン、中国・シークレットガーデンでのワールドカップを含めると3大会連続で2位という好成績を収めている。
そして、その戸塚の前に大きく立ちはだかるのは、同3大会連続で優勝を飾った王者、スコッティ・ジェームス(オーストラリア)だ。雪が降りしきるなか1本目から、スイッチBS1260インディ→CABダブルコーク1080ミュート→FS900ノーズ→BSダブルコーク1260ミュート→FSダブルコーク1440ステイルフィッシュで95.75ポイントをマーク。フロントサイドスピンとバックサイドスピンをバランスよくルーティンに組み込んでいる構成の美しさ、各スピンにおけるグラブのバリエーション、エアの高さ、そして、今大会で初めて決めた1440スピンが加わったことなど総合的に鑑みると、現時点の出場ライダーを見渡すかぎり、スコッティを打破するのは難しいのかもしれない。
女子は中国のトップ2を抑え、ケラルト・カステリェト(スペイン)が今季2勝目。30歳のベテランは絶好調の仕上がりだ。
平昌五輪に出場した冨田せなの妹・るきが日本人最高位の4位となり、自身にとってもワールドカップでの最高順位を獲得。松本遥奈も決勝にコマを進めていたが及ばなかった。

男子結果
 

LaaxOpenMensPodium

 
1位 スコッティ・ジェームス(オーストラリア)
2位 戸塚優斗(日本)
3位 テイラー・ゴールド(アメリカ)
全結果はこちら
 
女子結果
 

LaaxOpenWomensPodium

 
1位 ケラルト・カステリェト(スペイン)
2位 ツァイ・シュートン(中国)
3位 リュウ・ジャユ(中国)
4位 冨田るき(日本)
6位 松本遥奈(日本)
8位 今井胡桃(日本)
全結果はこちら

photos: LAAX

RELATED POSTS

LOAD POSTS