BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
https://backside.jp/news-492/
11733
WomensPodium

NEWS

クロエが敗れる大波乱。史上初のダブルが飛び出したUS OPEN女子ハーフパイプ決勝

2019.03.03

  • facebook
  • twitter
  • google

米コロラド州ベイルで開催されているBURTON US OPENは最終日を迎え、女子ハーフパイプ決勝で大波乱が起こった。3連覇中の絶対女王クロエ・キム(アメリカ)が、FS1080とCAB1080を成功させたにも関わらず敗れたのだ。
優勝したのは女子ハーフパイプ史上初のダブルクリップラーを決めたマディ・マストロ(アメリカ)。同大会での初優勝を飾った。
ひとり3本のランを行いベストランが採用されるわけだが、1、2本目はミスしていたので背水の陣の挑んだ3本目。メソッド→FS540ステイルフィッシュ→BS540ステイルフィッシュ→FS720インディ→ハーカンフリップ・ステイルフィッシュと抑え気味のルーティンかと思いきや、ラストヒットでダブルクリップラー・インディを決めて84.74ポイントを叩き出し、この時点でトップに立った。
 

MaddieFinished

ランを終えた直後、雄叫びをあげながら思わず頭を抱えこむマディ

 
 

MaddiePoint

ポイントを確認すると思わず笑顔が弾ける

 
 

MaddieMastro _WomensHalfPipeFinals_USO2019_GabeLHeureux_9289

rider: Maddie Mastro photo: BURTON

 

ランを終えたライダーたちはスノーモービルによりスタートエリアへ運ばれるのだが、モービルが待機している場所までは少し登りがあり、両脇を男性たちに支えられなければ登れないほどのケガを負っていたクロエ。この状態でルーティンは控えめながらもセミファイナルをトップ通過していたわけだから、頭が下がる。
 

ChloeHikeUp

自力では登ることができないほどのケガを負っていたクロエ

 
あとがなくなった3本目、そのケガを微塵も感じさせないほどの素晴らしいライディングを披露してくれた。メソッド→FS1080テール→CAB900ステイルフィッシュ→スイッチBS540ミュート→CAB1080と、ラストのCAB1080ではノーグラブ、さらに言えばバック・トゥ・バック1080を繰り出すことはできなかったものの、高難度かつ独創的なルーティンを成功させた。しかし、84.62ポイントと、マディにわずか0.12ポイント及ばず。女王陥落の瞬間だった。
 

Chloe_Donna

BURTONの共同CEOであるドナ・カーペンター氏がクロエに駆け寄る

 

ChloeKim_WomensHalfPipeFinals_USO2019_GabeLHeureux_9326

rider: Chloe Kim photo: BURTON

 

2本目の時点でトップに立っていたカイも見事な滑りを魅せてくれた。FS900インディ→BS540ミュート→メロンエア・トゥ・フェイキー→CAB720メロン→FS720インディ→CAB900メロンを決めて、2本目のランが83.57ポイントを獲得。スタイルあふれる個性的なルーティンだったが、逆転を許してしまった。
 

XuetongCai_WomensHalfPipeFinals_USO2019_GabeLHeureux_05132

rider: Xuetong Cai photo: BURTON

 

日本の松本遥奈と冨田せなは、FS900を組み込んだルーティンを成功させたものの、パーフェクトランでも表彰台には届かなかったため、両者ともにFS1080を取り入れたルーティンにチャレンジするも、決めることはできなかった。しかし、攻めに転じた彼女たちの気迫を間近で感じ、この大会を通じてさらに成長した瞬間を垣間見ることができた。
 

Sena_Haruna

攻めた結果だっただけに、すべてを出し切った冨田せな(左)と松本遥奈の笑顔がまぶしい

 
このように1080はもちろん、19歳のマディがダブルクリップラーを成功させたことで、女子ハーフパイプはネクストステージへと進化を遂げた。18歳のクロエが女王に返り咲く条件は、すでに完成させているFSダブルコーク1080をメイクすること。こうしたジャッジが下されたということなのだろうか。

女子ハーフパイプ・ファイナル結果
1位 マディ・マストロ(アメリカ)
2位 クロエ・キム(アメリカ)
3位 カイ・シュートン(中国)
4位 アリエル・ゴールド(アメリカ)
5位 冨田せな(日本)
6位 松本遥奈(日本)

RELATED POSTS

LOAD POSTS