BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

https://backside.jp/movie-1522/
20493

MOVIE

BURTONとカレーで有名なバーモントをゼブ・パウエルらが巡る道路トリップ【前編】

2021.06.16

  • facebook
  • twitter
  • google

言わずと知れたX GAMESナックルハックの金メダリスト、超クリエイティブライダーとして名を馳せるゼブ・パウエル。DEW TOURストリートスタイルで優勝を飾るなど新進気鋭の19歳、マイルズ・ファロン。BURTON(バートン)のローカルライダーとして活動する傍らで、同ブランドのプロトタイプエンジニアとしての職務を全うしているマギー・レオン。ゼブはノースカロライナ州、マイルズはニュージャージー州、マギーはバーモント州とアメリカ東海岸に出自を持つ3名が9日間に渡りロードトリップする「RED BULL SLIDE-IN TOUR」をお届けしたい。
秋になると紅葉が有名なバーモント州の中でも特に美しいことから、別名“紅葉街道”とも呼ばれるバーモント州のルート100を利用して旅する本ムービー。負傷していたゼブは激しいライディングができないものの、前年の同ツアーでメインライダーとして参加していたジェシー・アウグスティヌスと合流し、2012年までBURTON US OPENが開催されていたストラットンマウンテンのパークでマイルズとマギーがキレのあるライディングを披露した。初日を終えると、今年2月にゼブがBURTONへの電撃移籍を発表し世界中で大きな話題となったわけだが、翌日はバーリントンに位置する本社を表敬訪問。スタッフでもあるマギーが案内する。筆者も2度訪れたことがあるのだが、開発ラボや直営のストアが隣接しており大変興味深い。
3日目はバーリントンのストリートでシューティングを敢行。ゼブとマギーが名を連ねる、ストリートを中心に撮影活動を行っているSPOTHEADSクルーと合流し、セッションを行った。その夜、恵まれない子供たちにスノーボードを通じて勇気を与えるべく活動している特定非営利活動法人CHILLのイベントに参加。
「まだハードなライディングはできないけど、ここ数日は子供たちと一緒に生活していて、これがどれだけ素晴らしいことなのか、言葉では言い表せないよ。スノーボード、ありがとう。これこそがRED BULL SLIDE-IN TOURのすべてなんだ」
ゼブはSNSを通じてこのような感想を発信している。このように滑れなくても最高だと言わしめるバーモントを舞台とした道路トリップは、中編へと続く。
英語の字幕が表示されるので、スノーボーダーの日常英会話を学ぶにも絶好のムービーと言える。

photo: Brian Nevins / Red Bull Content Pool

RELATED POSTS

LOAD POSTS