BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
https://backside.jp/movie-1223/
15270
LeonGuetl

MOVIE

アイテムは斜めから見たほうが面白い。カリフォルニア発の最新パークムービー

2020.02.26

  • facebook
  • twitter
  • google

米カリフォルニア州ベアマウンテンが贈る連載パークムービー『SUNDAY IN THE PARK』のエピソード6が公開されたのでお伝えしたい。
オープニングを飾っているレニー・マゾッティは、キレのある動きでパークアイテムを攻略するほか、ダウン系の起伏を利用したバタートリックや、キッカーでBS360を繰り出したかと思わせておいて450まで回し、そのままノーズプレスに移行するというオシャレかつ難易度の高いトリックを繰り出している。オーディエンスの目を引くこと請け合いだ。
トリを務めるブランドン・デイビスは、リフト下のヒップを利用して超絶スタイリッシュなメソッド・トゥイークを魅せたかと思えば、ジブではダブルグラブしながらボードスライドを決めるなど、1分20秒あまりに渡って華麗なるフッテージを数多く残している。
しかし、本ムービーであえて注目したいのが、ドイツのレオン・ゲートル。現在18歳でFIS(国際スキー連盟)の大会を転戦していることから、スロープスタイル&ビッグエアで2022年の北京五輪出場を目論んでいるのだろうが、彼の滑りは教科書どおりではなかった。
1:50あたりから登場するレオンは本ムービーで脇役の存在だろうが、アイテムを斜めから見たライディングが面白い。ほとんどのアクションでパークレイアウトにあえて逆らった動きを披露している。トリックの難易度で競い合いながらオリンピックを目指す傍らで、こうした自由すぎる発想でパークライディングを楽しんでいるのだ。
これこそがフリースタイルスノーボーディングの真骨頂である。

RELATED POSTS

LOAD POSTS