BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/news-312/
8019
18-04-14_WRF_2018_5109_photo_by_Gustav_Ohlsson_Yuto-Yamada_lowres_
237

NEWS

ルーキー男子は表彰台独占。グロム男女も優勝とスロープでも10代の日本人が大躍進

2018.04.15

  • facebook
  • twitter
  • google

オーストリア・キッツシュタインホルンで開催されているWORLD ROOKIE FINALS 2018。ハーフパイプとスロープスタイルの2種目が行われ、世界中から総勢141名の10代ライダーたちがこの地に集結した。
13日に行われたハーフパイプに引き続き、14日にはスロープスタイルの決勝が行われ、またしても日本人ライダーたちが大躍進。早速、その結果をお伝えしたい。
ハーフパイプ同様に、2000〜2002年生まれが出場するルーキー部門と、2003年以降に生まれたライダーが出場するグロム部門が男女それぞれあるため4種目で行われ、ルーキー部門の男子では大塚健が優勝、2位に大久保勇利、3位に木俣椋真が入り、日本人が表彰台を独占した。優勝した大塚は、BSダブルコーク1260→CABダブルコーク1260をバック・トゥ・バックで決めるなどして97ポイントというハイスコアをマークした。
なお、優勝した大塚は5月に行われるX GAMESノルウェー大会に招待される。
 

SlopestyleRookieMens

(左から)2位の大久保勇利、優勝の大塚健、3位の木俣椋真

 
グロム部門の男子は本記事トップの写真に登場している14歳の山田悠翔が、女子は13歳の村瀬心椛がそれぞれ優勝。山田はCAB900からBSダブルコーク1080を成功させるなどして88.66ポイントを記録、村瀬はFS720から平昌五輪ではメダルを争うほどの大技だったBSダブルコーク1080をこの若さで見事に決めて、驚愕の99.66ポイントを叩き出しての結果だった。
 

SlopestyleGromMens

(左から)2位のガブリエル・アダムス(イギリス)、優勝の山田悠翔、3位のジェイク・キャンター(アメリカ)

 
 

18-04-14_WRF_2018_4851_photo_by_Gustav_Ohlsson_Kokomo-Murase_lowres_

WORLD ROOKIE FINALSで3連覇を達成した村瀬心椛

 
 

SlopestyleGromWomens

(左から)2位のエヴィ・ポッペ(ベルギー)、優勝の村瀬心椛、3位のミア・ブルックス(イギリス)

 
前日に開催されたハーフパイプの表彰式も行われ、スロープスタイルと合わせてルーキー男女、グロム男女の計8種目中7種目で、総勢9名の日本人ライダーが表彰台に上がったことになる。
 

HalfpipeRookieMens

(左から)ハーフパイプ・ルーキー部門男子で2位のジュンシク・リー(韓国)、優勝の永田浩範、3位のジャック・コイン(アメリカ)

 
 

HalfpipeGromMens

(左から)ハーフパイプ・グロム部門男子で2位の根岸慎、優勝のジェイク・キャンター(アメリカ)はBURTON US OPENのジュニアジャムチャンピオン、3位にはフィン・ブロック・ワンブル(アメリカ)

 
 

HalfpipeRookieWomens

(左から)ハーフパイプ・ルーキー部門女子で2位のリナ・プハッカ(フィンランド)、優勝の覚張美咲、3位のマカイラ・ケロッグ(アメリカ)

 
 

HalfpipeGromWomens

(左から)ハーフパイプ・グロム部門女子で2位のテッサ・モード(アメリカ)、優勝の小野光希、3位のエレーナ・シュッツ(スイス)

 
日本スノーボード界の未来は間違いなく明るい。こう断言しても言い過ぎではないだろう。
 
WORLD ROOKIE FINALS 2018 スロープスタイル公式結果
ルーキー男子
ルーキー女子
グロム男子
グロム女子

photos: WORLD ROOKIE TOUR

RELATED POSTS

LOAD POSTS