BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/news-303/
7866
29354923_962246517274175_5387215427285435300_o
325

NEWS

GRANDVALIRA TOTAL FIGHTで藤森由香が優勝。男子は濱田海人2位、大塚健3位

2018.03.28

  • facebook
  • twitter
  • google

3月25日にアンドラ・グランヴァリラで行われたWORLD SNOWBOARDINGエリート(最上位)クラスのスロープスタイル大会「GRANDVALIRA TOTAL FIGHT 2018」で、藤森由香が見事優勝を飾った。男子では濱田海人が2位、大塚健が3位と日本人ライダーたちがアンドラの地で大躍進。昨年の同大会で優勝した國武大晃は8位に終わった。
藤森は特大のBS900を組み込むなど貫禄の滑りを披露し、表彰台の中央を射止める結果に。

濱田はFSボードスライド630アウトなど華麗なジブトリックを魅せてポイントを伸ばし、昨年の雪辱を晴らした。

 

29064051_962246500607510_6336882694195079266_o

 
ベテランの藤森から18歳の濱田と16歳の大塚といった若手の活躍が目立ったわけだが、大塚と同じく16歳の國武や、女子では18歳の芳家里菜が5位に入るなど、日本の層の厚さを感じさせる結果となった。
 
男子結果
1位 ディラン・トーマス(アメリカ)
2位 濱田海人(日本)
3位 大塚 健(日本)
4位 リヨン・ファレル(アメリカ)
8位 國武大晃
 
女子結果
1位 藤森由香(日本)
2位 ブルック・ボイト(カナダ)
3位 マリア・イダルゴ・パーラス(スペイン)
4位 ナタリー・グッド(ニュージーランド)
5位 芳家里菜(日本)
全結果はこちら

photos: Grandvalira TOTAL FIGHT

RELATED POSTS

LOAD POSTS