BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/news-224/
6259
FIS_BIGAIR_MILAN
87

NEWS

クリス・コーニング&アンナ・ガッサーがW杯ビッグエア優勝。國武大晃は8位

2017.11.14

  • facebook
  • twitter
  • google

さる11月11日、イタリア・ミラノでFISワールドカップ・ビッグエアが行われ、男子はクリス・コーニング(アメリカ)、女子はアンナ・ガッサー(オーストリア)が優勝。日本人ライダーは國武大晃が予選2位でファイナルに駒を進めたが8位に終わった。大久保勇利、鬼塚雅、藤森由香らは惜しくも予選で涙を呑む結果に。
男子は上位3名ともBSトリプルコーク1440をメイクしていたのだが、FISのルールでは異なった回転方向の2トリックの合計得点で争われるため、もうひとつのウイニングトリックは優勝のクリスがFS1440、2位のレッド・ジェラード(アメリカ)がFS1260、3位のカイル・マック(アメリカ)がFS1080となり、回転数の差がそのまま順位となる結果に終わった。
女子はアンナが伝家宝刀のCABダブルアンダーリップ900などを決めての勝利。彼女はBSダブルコーク1080とCABダブルコーク1080という武器を持っており、それらを温存しての圧勝となった。
 
男子ハイライト動画

 
女子ハイライト動画
 
男子結果
1位 クリス・コーニング(アメリカ)
2位 レッド・ジェラード(アメリカ)
3位 カイル・マック(アメリカ)
8位 國武大晃(日本)
13位 大久保勇利(日本)
全リザルトはこちら
 
女子結果
1位 アンナ・ガッサー(オーストリア)
2位 ケイティー・オーメロッド(イギリス)
3位 シナ・カンドリアン(スイス)
7位 鬼塚 雅(日本)
9位 藤森由香(日本)
全リザルトはこちら

RELATED POSTS

LOAD POSTS