BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/interview-024/
7409
AyumuHirano
3884

INTERVIEW

平昌五輪ハーフパイプ銀メダリスト・平野歩夢が大会直後にもらした本音

2018.02.14

  • facebook
  • twitter
  • google

韓国・フェニックスパークで行われた平昌五輪ハーフパイプ男子決勝が行われ、平野歩夢は銀メダルを獲得。2014年のソチ五輪に続き、2大会連続でシルバーメダリストに輝いた。3本のランを行いベストポイントで争われたわけだが、2本目を終えた時点でトップにつけていた歩夢。しかし、最終出走となったアメリカのショーン・ホワイトに逆転を許しての銀メダルだった。
ハーフパイプ史上最高レベルの戦いと言っても過言ではない決戦を終えた直後の歩夢は、何を語ったのか。

 
 「自分が2位と認められる滑りはできたと思います。最後のショーンは自分以上の滑りをしたのかなと感じる。前回と同じ位置という悔しさは少し残っていますけど、ここまで準備してきたこと、自分のできるすべての演技をみんなに魅せられたことのほうが大事ですね。
 3本目は2本目以上のことを自分の頭の中ではイメージしていて、そこにたどり着くまでに失速してしまい、技につなげることができなかった。最後まで滑りきれていれば……という悔しさは感じています。
 ショーンの今回の滑りは世界一だと思います。それは素直に自分も受け入れているし、プレッシャーもあった中ですごいカッコいい滑りをしたのかなと。
 ここまでかけて準備してきたことはすごく時間のかかるものでした。その中でケガだったりいろいろあって考え込む時間も長かった。でも、ライディングスキルが伸びたからこそ、今回の結果につながったんだと思っています」

RELATED POSTS

LOAD POSTS