BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/howto-010/
354
010
131

HOW TO

初心者や初級者が選ぶべきボード

2016.08.18

  • facebook
  • twitter
  • google

まずは曲がりやすさを重視せよ

最終的にはカービングターンを目指すわけだが、まずはピークからボトムまでゲレンデ全体を制覇することに重きを置いて考えよう。スピードを出すことよりも操作性を重視したいので、レングスは短めでフレックスは柔らかいほうが扱いやすいだろう。
あらゆる構造のボードが存在するのだが、ロッカーボードをオススメする。雪面からエッジが抜けやすいというデメリットが存在する一方で、裏を返せば逆エッジになりづらいということになるからだ。しかし、エッジが抜けやすいということは雪面にエッジが噛みづらいとも言い換えられるので、リフト降車時などワンフットになったときの安定感に欠ける。転倒しやすくなることは否めないが、滑走時間のほうが圧倒的に長いわけだから、そのリスクを背負ってでもロッカーに乗る価値はあるのだ。それほどまでにボードの操作がしやすいと感じられるだろう。
やがてターンが上達すると、カービングターンに挑戦することになる。そのときに気持よく感じられなかったり物足りなくなっとき、それはあなたが上達した証。つまり、ロッカーボードから卒業するタイミングだ。ソフトフレックスのキャンバーボードなどに乗り替えて、次なるステージを目指せ!

photo: Akira Onozuka

RELATED POSTS

LOAD POSTS