BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
http://backside.jp/news-480/
11541
JapanTeam
668

NEWS

戸塚優斗が今季W杯ハーフパイプ初優勝。平野流佳が2位、女子は冨田せなが3位に

2019.02.16

  • facebook
  • twitter
  • google

カナダ・カルガリーで行われていたFISワールドカップ・ハーフパイプ大会で、戸塚優斗が今季W杯初優勝を飾った。降雪と強風により、パイプランの生命線でもあるスピードを出すことが難しい状況のなか、ファーストヒットからFSダブルコーク1260を繰り出すなど、トップランカーとして意地のライディングを披露。1本目のランで89ポイントを叩き出し、以降その得点を上回るライダーは現れなかった。

2位には平野流佳。同様にスピードに苦しめられながらも3ヒット目にFSダブルコーク1260を取り入れるルーティンを披露。ファーストヒットで繰り出すリスクを伴いながらもスピードを活かして高さを生み出した戸塚、かたやスピードが出しづらい状況のなかでバック・トゥ・バック1080をつないでから大技を出した平野。以外のトリックは似通っていただけに、こうした部分が明暗を分けたようだ。87.5ポイントと、わずか1.5ポイント戸塚に及ばなかった。

女子では3位に冨田せなが入った。厳しいコンディションながらもファーストヒットからFS900を組み込むなど、安定感ある丁寧なライディングが評価されたのだろう。2本目のランで87.75ポイントをマークした。

今シーズン、絶対的王者であるスコッティ・ジェームス(オーストラリア)や女王クロエ・キム(アメリカ)など強豪ライダーは不在だったが、日本の若手男子がワンツーフィニッシュを飾るという素晴らしい結果となった。
 
男子ハーフパイプ結果
1位 戸塚優斗(日本)
2位 平野流佳(日本)
3位 デレック・リビングストン(カナダ)
4位 片山來夢(日本)
5位 穴井一光
全結果はこちら
 
女子ハーフパイプ結果
1位 ケラルト・カステリェト(スペイン)
2位 カイ・シュートン(中国)
3位 冨田せな(日本)
4位 今井胡桃(日本)
7位 松本遥奈(日本)
8位 大江 光(日本)
全結果はこちら

RELATED POSTS

LOAD POSTS