BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
http://backside.jp/news-477/
11488
FisWorldChampionshipSlopeStylePodium
76

NEWS

FIS世界選手権スロープスタイルは強風で決勝が中止に。國武4位、大塚と岩渕は5位

2019.02.11

  • facebook
  • twitter
  • google

米ユタ州パークシティで開催されていたFISスノーボード世界選手権の最終日、スロープスタイル男女ファイナルが行われるはずだったのだが、強風による悪天候のためキャンセルに。予選の順位がそのままリザルトとなり、男子はクリス・コーニング(アメリカ)、女子はゾーイ・サドウスキー・シノット(ニュージーランド)が金メダルに輝いた。

日本人男子は國武大晃が4位、大塚健が5位、大久保勇利は32位、飛田流輝は36位。女子は岩渕麗楽が5位、鬼塚雅が17位という結果に終わった。ファイナル進出を果たしていた日本人ライダーたちは表彰台を狙える好位置につけていただけに、悔しい思いをしたことだろう。
ビッグエアも悪天候によりキャンセルとなっていた。2年に一度の大舞台だったのでワールドカップ以上に強豪ライダーが顔を揃えていただけに、残念な結果となってしまった。
 
男子スロープスタイル結果
1位 クリス・コーニング(アメリカ)
2位 マーク・マクモリス(カナダ)
3位 ジャッド・ヘンクス(アメリカ)
4位 國武大晃(日本)
5位 大塚 健(日本)
32位 大久保勇利(日本)
36位 飛田流輝(日本)
全結果はこちら
 
女子スロープスタイル結果
1位 ゾーイ・サドウスキー・シノット(ニュージーランド)
2位 シリエ・ノレンダル(ノルウェー)
3位 ジェイミー・アンダーソン(アメリカ)
5位 岩渕麗楽(日本)
17位 鬼塚 雅(日本)
全結果はこちら

photo: FIS SNOWBOARDING

RELATED POSTS

LOAD POSTS