BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/news-233/
6571
AyumuHirano
4894

NEWS

平野歩夢が史上最強ルーティンで圧勝の金メダル。W杯ハーフパイプ速報

2017.12.10

  • facebook
  • twitter
  • google

米コロラド州カッパーマウンテンで開催されているFISワールドカップ・ハーフパイプ男女の決勝が行われ、男子は平野歩夢が圧勝で金メダルを獲得した。US GRAND PRIXという名のアメリカ代表を決める選考レースとなっているので主力ライダーは全員出場しており、さらに昨シーズンの同種目王者であるスコッティ・ジェームス(オーストラリア)を抑えての優勝だけに大変価値がある。2位にはベン・ファーガソン(アメリカ)、3位はショーン・ホワイト(アメリカ)、予選をグループトップで通過していた片山來夢は4位に終わった。
結果論としては、1本目のランで優勝を決めていたことになる。その1本目はBSインディ→FSダブルコーク1080→CABダブルコーク1080→FSダブルコーク1260→BS900で90.5ポイントをマーク。4ヒット目に繰り出したFSダブルコーク1260の完成度が一段と上がっている印象を受けた。
続く2本目はさらに高難度なルーティンで攻める。BSメロン→FSダブルコーク1440→CABダブルコーク1080→FSダブルコーク1260→BS900というハーフパイプ史上最強と断言できるルーティンを決めて95.25ポイントを叩き出した。2ヒット目のFSダブルコーク1440は、9月に行われたワールドカップでは失敗していたものの、この短期間でパーフェクトに仕上げてきた。
さらに3本目で、出場していた全ライダーが固唾をのんだだろう驚異的なルーティンを披露。BSメロン→FSダブルコーク1440とここまでは2本目と同様だが、3ヒット目にCABダブルコーク1440を持ってきたのだ。惜しくも転倒してしまったものの、これはバック・トゥ・バックのダブルコーク1440をすでに用意しているということを世界中にアピールしたことになる。

女子はクロエ・キム(アメリカ)がFS1080などを決めて優勝。2位はマディ・マストロ(アメリカ)、3位はケリー・クラーク(アメリカ)とアメリカ勢が表彰台を独占。日本人で唯一ファイナルに進出していた冨田せなは、FS900→BS540→FS720→CAB720→FS540と完成度の高いルーティンを魅せるも80.5ポイントとわずかに及ばず4位。

ソチ五輪銅メダリストの平岡卓、安藤南位登、女子では大江光と今井胡桃は予選で涙をのんだ。松本遥菜は公式練習中の転倒により欠場していた。
なお、この大会の模様は今夜、12月10日(日)深夜0時からのTBS「S☆1」で放送予定となっている。弊誌編集長の野上大介が出演し、平野の快挙をお茶の間に届ける。
 
男子結果
1位 平野歩夢(日本)
2位 ベン・ファーガソン(アメリカ)
3位 ショーン・ホワイト(アメリカ)
4位 片山來夢(日本)
14位 安藤南位登(日本)
17位 平岡 卓(日本)
全結果はこちら
 
女子結果
1位 クロエ・キム(アメリカ)
2位 マディ・マストロ(アメリカ)
3位 ケリー・クラーク(アメリカ)
4位 冨田せな(日本)
10位 大江 光(日本)
12位 今井胡桃(日本)
全結果はこちら

RELATED POSTS

LOAD POSTS