BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/movie-416/
4461
CarinthiaPark
172

MOVIE

最先端トリックが生み出される舞台を造成したパークビルダーという存在価値

2017.06.20

  • facebook
  • twitter
  • google

当サイトでも幾度となく取り上げている、米カリフォルニア州マンモスマウンテンで行われたSUPERPARK 21。世界中からトップライダーが招聘されて豪華絢爛なトリックが数多く放たれたわけだが、今回はその舞台を造成したクルーに注目したい。

カリフォルニア州とは正反対の東海岸はバーモント州に位置するカリンシアパークのビルダーたちにより造成されたアイテムたちは、ジャンプやトランジション、ジビングを複合的に組み合わせた最先端のものばかり。こうした最高峰の舞台で世界のトップライダーたちがトリックを仕掛けるからこそ、素晴らしいパフォーマンスが繰り広げられるのだが、その背景には、ただ巨大で最先端なだけではなく、安全設計なアイテムであることが最重要である。だからこそ“攻められる”というライダー心理が働き、その効果があってこそハイパフォーマンスが生み出されるのだ。
僕たち一般スノーボーダーが遊ぶパークにも同じことが言えるだろう。クオリティの高いパークを見極めることができれば、気持ちよく飛ぶことができるし、上達スピードはきっと速くなる。だが、すべてのパークビルダーがカリンシアパークのように腕がいいわけではないので、質の悪いパークを選んでしまったら大ケガに繋がりかねない。滑走スキルも大切だが、アイテムを見る眼を養う必要もあるということだ。

RELATED POSTS

LOAD POSTS