BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/movie-295/
3495
JuniorWorld
252

MOVIE

日本勢が4つのメダルを獲得したFISジュニア世界選手権ハイライト映像

2017.04.04

  • facebook
  • twitter
  • google

チェコのシュピンドレルーフ・ムリーンで行われていたFISジュニア世界選手権で、日本人ライダーたちが躍動した。男子ビッグエアで大久保勇利が金メダル、宮澤悠太朗が銀メダル、女子スロープスタイルとビッグエアともに岩渕麗楽が銀メダルを獲得。そのハイライト映像が公開された。
 
男女ビッグエア

 
男女スロープスタイル
 
男子ビッグエアで優勝した大久保は、BSトリプルコーク1440とスイッチBS1260を決め、同種目2位の宮澤は、CABダブルコーク1260とBSトリプルコーク1440を成功させてのワンツーフィニッシュとなった。
女子の岩渕は、BS720とCAB900を揃えてビッグエアで2位となり、スロープスタイルではFSリップスライドやヒップでのBS540、キッカーではBS720などを確実にメイクして準優勝を飾った。
大久保は2000年生まれの16歳、宮澤は1999年生まれの18歳、岩渕は2001年生まれの15歳なのだが、今大会にはノルウェーのマーカス・クリーブランド(1999年生まれ)、アメリカのブロック・クラウチ(1999年生まれ)、レドモンド・ジェラードやヘイリー・ラングランド(ともに2000年生まれ)ら同世代のトップランカーたちは出場していなかっただけに、今後、彼らを脅かす存在になれるかどうか。期待したい。
 
男子ビッグエア結果
 
女子ビッグエア結果
 
男子スロープスタイル結果
 
女子スロープスタイル結果

RELATED POSTS

LOAD POSTS