BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

topbanner
http://backside.jp/movie-1050/
12354
AP-1ZDEM1UQW1W11_news

MOVIE

あの超大物がジャッジする前代未聞のチーム戦「RED BULL RECHARGED」の全貌

2019.05.24

  • facebook
  • twitter
  • google

米カリフォルニア州マンモスマウンテンに特設パークを造成し、何やらビッグプロジェクトが進行していたことは、感度の高いスノーボーダーであれば気づいていたことだろう。多くのトップライダーたちがハッシュタグ「#RedBullRecharged」を付けてInstagramにポストしており、そこに映し出されるライディング映像のインパクトが強すぎたから。いよいよ「RED BULL RECHARGED」の全貌が明らかになる。
ベン・ファーガソン、マーク・マクモリス、ブロック・クラウチの3名がキャプテン兼監督となり、さながらドラフト会議のように総勢18名のトップライダーを順に自らのチームに選んでいく。日本からは角野友基と相澤亮が名を連ねていた。
 

AP-1ZBBZZ7BD2111_news

巨大メソッドで天高く宙を舞う角野友基 photo: Peter Morning / Red Bull Content Pool

 

AP-1ZB5P2E2N2112_news

ゲイブ・ファーガソン(上)と息の合ったコンビネーションを披露する相澤亮 photo: Tom Monterosso / Red Bull Content Pool

 
スロープスタイルの歴代五輪金メダリストであるセイジ・コッツェンバーグとレッド・ジェラード、バックカントリーとストリートそれぞれで魅せることができるクレイグ・マクモリス&ザック・ヘイル、平昌五輪ハーフパイプ銅メダリストのスコッティ・ジェームス、紅一点のマディ・マストロ、そのほか多くのトップコンペティターたちが世界中から招聘された。
 

AP-1ZB5P34392111_news

チーム・ファーガソンの面々。(左から)ザック・ヘイル、セイジ・コッツェンバーグ、相澤亮、スコット・ブラム、タイラー・オルトン(フィルマー)、ゲイブ・ファーガソン、トルゲイル・バーグレム、ベン・ファーガソン photo: Tom Monterosso / Red Bull Content Pool

 
 

AP-1ZB5P34XH2111_news

チーム・マクモリスの面々。(左から)ラッセル・チャイ(フィルマー)、マイキー・シサレリ、ジェイク・キャンター、マーク・マクモリス、セッべ・デ・バック、スコッティ・ジェームス、トビー・ミラー、クレイグ・マクモリス photo: Tom Monterosso / Red Bull Content Pool

 
 

AP-1ZB5P2TM12111_news

チーム・クラウチの面々。(左から)ルーク・ウィンケルマン、レッド・ジェラード、ジャッド・ヘンクス、マラカイ・ジェラード(フィルマー)、ブロック・クラウチ、ニック・バーデン、マディ・マストロ、角野友基 photo: Tom Monterosso / Red Bull Content Pool

 
巨大キッカーやスパイン、ハーフパイプなどなど、バリエーション豊富な特設パークを舞台にトッププロたちのハイパフォーマンスが炸裂した。各チームにフィルマーが配置されており、それらを映像化して争われるわけだ。
こうした前代未聞のチーム戦をジャッジするのは、かのトラビス・ライス。果たして、結果やいかに?
 

AP-1ZDFE3JDH1W11_news

モニターに映し出されるトラビス・ライス photo: Peter Morning / Red Bull Content Pool

 

RELATED POSTS

LOAD POSTS