BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/howto-013/
360
013
168

HOW TO

スタンス幅が与える滑りへの影響

2016.08.18

  • facebook
  • twitter
  • google

足が固定されているからこそ改めて考えるべき重要事項

スノーボーダーの永遠のテーマと言えるだろう、スタンス設定。足が固定されているからこそスケートボードやサーフィンと比較するとイージーに感じるだろうが、裏を返せば、どんな状況下におかれても決められたスタンスでアクションを起こさなければならないということ。足を移動させられればもっと板を踏みやすいのに、バランスを崩して転倒しそうだけどリカバリーできない……など。だからこそスタンス設定は重要なわけだが、ここでは、すべての動きの基本となるターン時のスタンス幅について触れていきたい。

当然、幅が広い・狭いとでは大きな差が生じるわけだが、ワイドスタンスにすれば重心位置が下がるため安定性がグッと増す。しかし、上下動がしづらくなり、積極的な加重や抜重が難しくなってしまうことはイメージできるだろう。さらに、ボードがねじりづらくなるためトーションを活かしたターンが困難となり、カービングターンの精度が落ちてしまうのだ。
一方でスタンス幅を狭くすると、重心位置は高くなるのだがヒザを柔らかく使うことで上下動がしやすく、それは加重や抜重に適していると言い換えることができる。加えて、両足でボードをねじろうとする動作もやりやすいのだ。
冒頭で述べたように、スノーボードの動きはターンが基本となる。だが、ストレートジャンプやジビング、グラトリなどのトリックを最優先しているスノーボーダーにとっては一概に狭ければいいという話にはならない。だが、フリーライディングに重きを置くトップライダーたちのスタンス幅を見てみると、以前よりも狭いという傾向があることは頭に入れておくべきだ。

photo: Akira Onozuka

RELATED POSTS

LOAD POSTS