BACKSIDE (バックサイド)

BACKSIDE (バックサイド)

http://backside.jp/backside-magazine-burton-sims-craigkelly/
10350
ISSUE7_Cover
137

MAGAZINE

今季開幕号「BURTON, SIMS, AND CRAIG KELLY ─フリースタイル温故知新─」11月20日(火)発売

2018.11.14

  • facebook
  • twitter
  • google

スノーボードの根幹であるフリースタイルスノーボーディングの原点をたどり、現在につながる系譜を紐解くべく編んだ一冊。

ブーツを履き、バインディングを介して自らの意思をボードに伝えてアクションが生まれるだけに、道具に対する依存度が非常に高いスノーボード。これまでもプロダクトとともにライディングが進化し、ライディングとともにプロダクトが進化してきた。そして、プロダクトの存在はライダーなくして語れない。なぜなら、それらに対するフィードバックはもちろん、彼らの意志がカタチになっているからだ。
そこで、1977年にジェイク・バートン氏が創業した米バーモント州バーリントンに位置するBURTON本社を訪れ、42年に渡る歴代のプロダクトたちを撮り下ろし、それぞれの特性はもちろん、生み出された背景についてまで話を聞くことに。また、同ブランドのプロダクトに革命を巻き起こした伝説のプロスノーボーダー、故クレイグ・ケリーにより確立されたフリースタイルシーンの舞台裏に迫るべく関係者を直撃。新たなる証言を入手してきた。
しかし、フリースタイルを生み出したのは何を隠そう、故トム・シムス氏率いるSIMSだった。前出のクレイグもSIMS出身という事実はご存知かもしれないが、その真相に迫るべく、シムス氏の意思を引き継ぐ日本人にインタビューを敢行。すると、フリースタイルスノーボーディングの根源が見えてきたのだった。
アメリカ東海岸のBURTONと西海岸のSIMSとのライバル関係により、さらにクレイグの才能が掛け合わさったことでフリースタイルスノーボーディングが誕生し、当時夢見ていたみなの想いが近代スノーボードを形作っている真実。フリースタイル温故知新──その目撃者となっていただきたい。

ISSUE 7 BURTON, SIMS, AND CRAIG KELLY ──フリースタイル温故知新── A4サイズ / フルカラー / 日本語・英語 / 142ページ
※ISSUE 8(2019年2月上旬発売予定)とISSUE 9(2019年4月上旬発売予定)の3号セット販売になります

RELATED POSTS

LOAD POSTS